【歴史】識者「邪馬台国の時代のクニがあった可能」 弥生時代後期の装飾品、国内3例目「連玉」22点出土…久留米・高三潴遺跡

1: :2017/02/17(金) 23:03:28.33 ID:
福岡県久留米市の「高三潴遺跡」から出土した連玉

 久留米市は16日、同市三潴町の高三潴遺跡から弥生時代後期(約2000~1800年前)の装飾品「連玉(れんだま)」が出土したと発表した。
弥生時代の出土は糸島市で2例あり、全国で3例目となる。専門家によると、邪馬台国の時代の小国が存在した可能性があるという。

 連玉は鉛を混ぜたガラス製で、直径約4ミリの球を厚さ1~1・5ミリにつぶして連ねた形。
2015年6~10月の調査で発掘された甕棺(かめかん)内部で計22点が見つかった。
中は直径1、2ミリの空洞で、糸を通し首飾りなどとして使われたとみられる。風化し白くなっているが、緑色だったと推定されている。

 糸島市では、当時の大国・伊都国の王や高い階層の人物の墓とみられる平原、井原ヤリミゾ遺跡から出土。
今回の発見は大規模集落があったと考えられる三潴地方と、大陸への窓口・糸島地方との交流をうかがわせる。
埋葬されたのは有力者と考えられるという。

 西谷正・九州大名誉教授(東アジア考古学)は「出土が希少な連玉が見つかったことは、
高三潴が伊都国ほどではないものの国として存在したことの裏付けではないか」と話している。【上田泰嗣】

http://mainichi.jp/articles/20170217/ddl/k40/040/479000c

 福岡県久留米市は16日、「高三潴遺跡」(同市三潴町高三潴)の弥生時代後期(1~2世紀)の甕棺(かめかん)墓から、
小さな玉を蛇腹状に連結した装飾品「連玉(れんだま)」が出土したと発表した。国内3例目で最古級とみられるという。
連玉は「伊都国」の王墓もしくは王族クラスの墓とみられる同県糸島市の2遺跡からしか発見されておらず、
識者は「相当な権力者が存在していたと考えられる」としている。

 久留米市文化財保護課によると、2015年6月から10月にかけて発掘調査をした。
連玉は直径4ミリの鉛ガラス製で計22点。表面は白色だが本来は緑色だったとみられる。
長さが1・5ミリ程度のガラス玉を溶かして複数接着しており、
糸島市の井原(いわら)鑓溝(やりみぞ)遺跡の甕棺墓で見つかったものと似ているという。
高三潴遺跡の甕棺内には多量の赤色顔料やガラス小玉もあった。

 高三潴遺跡ではこれまでに、小銅鐸(どうたく)などの青銅器が見つかっており、有力者が存在していたと考えられていた。
西谷正九州大名誉教授は「これまで連玉が見つかった平原遺跡(糸島市)は伊都国の王墓だというのが定説。
伊都国ほどの規模ではないだろうが、三潴にもクニが存在していた可能性がある」と話している。

=2017/02/17付 西日本新聞朝刊=

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/culture/article/308593

98: :2017/02/18(土) 00:42:08.63 ID:
>>1
谷川健一先生歓喜!
179: :2017/02/18(土) 08:47:53.44 ID:

地名を観ると謎が解けるよ

九州の地名が ほぼその位置関係を残したまま

畿内にも 存在してる

つまり 九州ー>大和 に 遷都してる

>>1 遷都前の遺跡が 九州から出てる

181: :2017/02/18(土) 08:56:22.14 ID:

>>179
その地名の一致は、首都大和から地方九州に赴任した役人が故郷を思って付けたものだぞw
防人など、古代から北九州は外敵を警戒して派遣されてきた場所
2: :2017/02/17(金) 23:04:15.50 ID:

そんなもん
あったかのう
171: :2017/02/18(土) 08:34:29.54 ID:

>>2
ワラタ
12: :2017/02/17(金) 23:08:01.18 ID:

中国の歴史書で、単なる水行は河川交通で、それが海上交通を意味する例は1つもありません。
海を行くときは、必ず文には「海」と明示します。

これで、九州であることが明らかな不弥国から南へ河川交通を利用してたどり着く邪馬台国は、
九州島内であることは明らかです。

★畿内説論者が、海を水行する例として出てきた文

>沢散王属大秦、其治在海中央。北至驢分、水行半歳、風疾時一月到。最与安息安谷城相近。(魏志注魏略西域)
「海」の明示あり

>赤土国、扶南之別種也。在南海中、水行百余日而達所都。土色多赤、因以為号。(隋書南蛮)
「海」あり

>流求国、居海島之中,当建安郡東、水行五日而至。(隋書東夷)
「海」の明示あり

>注輦国東距海五里、西至天竺千五百里、南至羅蘭二千五百里、北至頓田三千里。
>自古不通中国、水行至広州約四十一万一千四百里。(宋史外国)
>(※数字からして明らかに海)
「海」の明示あり

>佛逝国東水行四五日、至訶陵国。(新唐諸蛮)
>(※シュリヴィジャヤから東なので当然ながら海)

これだけないように省いてるけど、実は、
「又五日行至海硤、蕃人謂之質、南北百里、北岸則羅越国、南岸則佛逝国、佛逝国東水行四五日」で、
「海」の明示あり

13: :2017/02/17(金) 23:08:12.61 ID:

九州王朝説ですね
14: :2017/02/17(金) 23:08:49.34 ID:

93 名前:日本@名無史さん [sage] :2016/03/19(土) 17:37:58.37
10 遥か南に広がる倭の世界

 筑紫平野から入ってくる情報は筑後川流域が含まれた可能性が極めて高い事がわかります。筑後川
を挟んだ南北には支流も多く、玄界灘と有明海の移動は竹で組んだ筏で川を移動した可能性を考慮す
ると、御笠川と宝満川(筑後川支流)によってほぼ陸を歩く必要はありません。
 また筑後川は東西にも長く伸びており、現在でも日田では三隈川、玖珠では玖珠川と名前を変え続
いています。三隈川と玖珠川は、やはり山国川・駅館川の上流と接近し周防灘(すおうなだ)と接近
しています。
 つまり玄界灘と有明海そして周防灘は、筏か船かを使い川を移動してよいという条件付であれば、
ほとんど川の移動だけでつながっているのです。もちろん、かなりの重量の荷物も簡単に運ぶ事がで
きました。

http://29.pro.tok2.com/~kyokutan/public/next/a10_minami_hirogaru/a10_minami_hirogaru.html

15: :2017/02/17(金) 23:09:18.20 ID:

畿内説には説明できない弱点が多いのですが、
その中でも以下の3点は決定的です。

・邪馬台国のライバル国である南の狗奴国の説明
・東の海を渡った所にさらに倭種の国
・邪馬台国に属する国は30ヶ国

畿内説邪馬台国は畿内から九州までを含む全域を支配しているのに、
そのような大国に対抗できるライバル国が存在するのでしょうか。
また、東の海を渡るとはどこの海を指しているのでしょうか。
さらに、伊都国、奴国、不弥国と現代の市町村レベルサイズで
既に5-6ヶ国の記載があるのに、西日本全体で30ヶ国を想定するのは無理です。

それが九州説であれば、狗奴国は熊本の事、
東の海を渡るとは当然、豊後水道でさらに倭種の国は四国、中国。
邪馬台国が福岡県サイズとすれば、30ヶ国の数は適正。(現代の自治体数)
全てが違和感なくすっきり説明できます。

何より、当時の中国人・日本人が東も南も分からない愚か者の集まり
とするならば、そのような質の低い当時の日本人が、すでに3世紀に
西日本全域を支配している国家を形成していたと信じる方が支離滅裂なことだと思います。

16: :2017/02/17(金) 23:09:53.96 ID:

名前:日本@名無史さん [sage] :2016/03/28(月) 23:34:32.77

卑弥呼の墓が前方後円墳ということはない。絶対にない。
まず、その墓は径100余歩とされており、円墳と考えられること、
次に、倭国の墓は棺はあっても、槨はないとされていること。
郭のない前方後円墳はあるだろうか。卑弥呼の墓は粗末なものなのである。
張政は卑弥呼の死後までおり、その後に書かれた魏志倭人伝には卑弥呼の墓の記述もあるが、
倭の墓には槨がないと述べており、卑弥呼の墓だけ特別とは考えられない。

>朱丹塗其身體如中國用粉也
顔に赤い粉を塗っていること。文脈から、これは男女を問わない。
顔が赤い者は畿内では猿扱い、すなわち非人とされているが(埴輪)、宮崎県、鹿児島県では違った。

徳島県の犬山天神古墳からは、顔の赤い女酋長が見つかっている。
魏志倭人伝によれば、邪馬台国の東の海の向こう、すなわち四国には倭種がいた。
同じような種族であり、それはやはり顔が赤く、墓には槨がなかった。

なお、犬山天神山古墳も、油津、串間市西方同様、海に突き出る土地だったことも見逃せない。
(埋め立て前の地図による)

隼人の墓は、目ぼしい円墳、特に台与がいた油津周辺の円墳が暴かれたため、邪馬台国の有力者たち
が止むを得ず掘ったものなのである。
その時代においても、顔に朱を塗る習慣は残っていた。

地下式横穴墓が多く出る地域に★を振った。
(西都原は無視して結構。油津と串間市は台与、卑弥呼の居処として★を振った。)

また、東西南北は夏至の日の出を基準としているという有力な説があるとのことで、
この地図は、それに合わせてやや傾けてある。

地下式横穴墓が、邪馬台国の軍団のいた地域であり、明らかに都城付近を中心に、熊本を攻め、
油津から串間の海岸を守る配置になっている。

18: :2017/02/17(金) 23:11:17.72 ID:

往生際が悪いの~こっちには卑弥呼の墓があのに
19: :2017/02/17(金) 23:11:50.25 ID:

魏に派遣された難升米=雉の鳴女の故国がここ(躬臣国)ですよ。
33: :2017/02/17(金) 23:26:15.19 ID:

>>19 躬臣国←仮名を振ってみ。
58: :2017/02/17(金) 23:47:31.98 ID:

>>33
躬臣国=クジ国。
文句あるなら何か言うてみ。
20: :2017/02/17(金) 23:11:53.88 ID:

こうさんいのしし?
21: :2017/02/17(金) 23:12:36.94 ID:

どうしても邪馬台国を九州にしたい輩がいるな
29: :2017/02/17(金) 23:25:04.30 ID:

>>21
九州に有ったんだろう
畿内に有ったとするより整合性が有るからな
畿内に邪馬台国が有ったとするなら、もう既に東日本に及ぶ地域を邪馬台国が支配していた事になる
そんな荒唐無稽な話を信じられるかよ
22: :2017/02/17(金) 23:14:16.69 ID:

>鉛を混ぜたガラス製

2000年前のクリスタルガラス?

24: :2017/02/17(金) 23:17:39.91 ID:

邪馬台国は畿内ちゃうん
26: :2017/02/17(金) 23:22:01.52 ID:

邪馬台国は九州にあった東征して大和へ
93: :2017/02/18(土) 00:36:57.69 ID:

>>26
邪馬台国が大和朝廷の前身なら
その存在が抹消されたりしないはず
同じ倭人の国だろうけど系統が違うと思う
27: :2017/02/17(金) 23:22:22.81 ID:

二世紀の墓だけでwwwww
纏向の足下にも及ばない。
こんなんでいちいち邪馬台国出してると九州説の説得力が無くなる。
この記者は間違いなく近畿説支持者だ。
28: :2017/02/17(金) 23:24:18.15 ID:

箸墓古墳の遺物を放射性炭素測定したら卑弥呼の時代と一致した。
31: :2017/02/17(金) 23:25:46.30 ID:

箸墓古墳に埋納されている土器を調べたら庄内式土器だった。
32: :2017/02/17(金) 23:25:53.62 ID:

昔は海岸線が今よりずっと山側にあった
その事を無視した議論が多いと思う
35: :2017/02/17(金) 23:27:34.39 ID:

縄文人追いやった弥生人きらい
36: :2017/02/17(金) 23:30:22.05 ID:

>>35 あほな先生から学んだんだね。追い出されてないよ、流行が替わっただけ。
和服を今の日本人は殆ど着ないけど、洋服着ても日本人でしょ。
37: :2017/02/17(金) 23:31:09.09 ID:

箸墓古墳に隣接する黒塚古墳から魏より卑弥呼に贈られた「黄幢」が出土した。
38: :2017/02/17(金) 23:33:25.15 ID:

また無駄な邪馬台国論争が始まるなw

もう徳島説か徳之島説でいいやw

40: :2017/02/17(金) 23:35:31.45 ID:

箸墓古墳に隣接する下池山古墳から卑弥呼が魏に贈った「班布」と同じ絹製品が出土した。
41: :2017/02/17(金) 23:36:04.72 ID:

素朴な疑問。中国の使者ってさ、当時の日本語を話せたの? 当時の日本には
もう漢字ってあったの? もし無かったなら、卑弥呼って音を当て字にしただ
けじゃないの? 日の巫女っていう役職だったんじゃないの?
42: :2017/02/17(金) 23:36:30.40 ID:

邪馬台国なんて絶対に無い
3世紀には既に帝がおられた
44: :2017/02/17(金) 23:37:13.98 ID:

魏使倭人伝の行程を正確にたどると南大東島沖の太平洋にドボン!である。
45: :2017/02/17(金) 23:37:24.55 ID:

>三潴にもクニが存在していた可能性がある
クニが存在というか、
このあたりの旧名は妻=投馬でしょ魏志倭人伝でいうところの。
つまり、投馬国
46: :2017/02/17(金) 23:38:51.97 ID:

伊都国と奴国の距離は100里、測定したら短里がウソだとバレてしまった。
48: :2017/02/17(金) 23:39:42.33 ID:

福岡市で生まれて育った。

別に邪馬台国が九州福岡でなくてもよい。
ただ弥生時代の頃から、ここで文明が育っていたという事実があればいい。

100年後も邪馬台国がどこにあったかなんて判明していないでしょ?
ならば、太古の昔から自分が生まれ育ったところが栄えていたというだけで嬉しい。

49: :2017/02/17(金) 23:39:59.35 ID:

中国の歴史学者に放射説を笑われた。
50: :2017/02/17(金) 23:42:04.84 ID:

九州北部に邪馬台国の勢力圏、戸数20万戸・人口100万人は入らない。
52: :2017/02/17(金) 23:42:27.68 ID:

人口的に有明海沿岸の平野以外は考え難いしな。
53: :2017/02/17(金) 23:44:07.90 ID:

世界文化遺産の沖島には九州産の遺物が1個もない。
54: :2017/02/17(金) 23:44:58.63 ID:

纒向遺跡から卑弥呼の神殿が出土した。
55: :2017/02/17(金) 23:45:40.91 ID:

変態新聞か 全部嘘だな
57: :2017/02/17(金) 23:46:32.70 ID:

奈良県の人に「高天原はどこですか?」と尋ねると「葛城山です」と答える。
59: :2017/02/17(金) 23:47:32.25 ID:

古墳時代の皇后に九州出身者は1人もいない。
60: :2017/02/17(金) 23:48:38.78 ID:

九州には宮内庁治定の古墳が1個もない。
61: :2017/02/17(金) 23:49:30.22 ID:

九州には古墳時代最初期の古墳が1個もない。
62: :2017/02/17(金) 23:50:49.80 ID:

古墳には「槨」と言うが九州の埋葬方法は「甕棺」である。
63: :2017/02/17(金) 23:52:14.17 ID:

古墳には「水銀朱」と言うが九州のは汚い「ベンガラ」である。
65: :2017/02/17(金) 23:53:10.21 ID:

卑弥呼の時代には吉野ヶ里遺跡は衰退していた。
66: :2017/02/17(金) 23:53:14.90 ID:

なんで皆、魏史倭人伝ばかりああだこうだ言うのかね。
他の中国の文献に倭国と日本は別の国で、倭国の真ん中に大きな火山があったってハッキリ書いてあるのにさ。
80: :2017/02/18(土) 00:07:24.11 ID:

>>66
旧唐書だっけ
67: :2017/02/17(金) 23:53:35.18 ID:

男: ヒコ(日子)  ・ヒミコ(日御子)
女: ヒメコ(日女子)・ヒメミコ(日女御子)

卑弥呼 = 日女子 (or 日御子)

68: :2017/02/17(金) 23:53:39.85 ID:

どうしてエレクチオンしないのよー!
69: :2017/02/17(金) 23:54:28.31 ID:

鉄器で武装した九州は青銅器で武装した畿内に敗北した。
70: :2017/02/17(金) 23:55:37.05 ID:

中国の洛陽近郊から三角縁神獣鏡が出土した。
72: :2017/02/17(金) 23:57:22.96 ID:

三角縁神獣鏡を光加速器「SPring-8」で分析したら中国製だった。
73: :2017/02/17(金) 23:57:32.97 ID:

この頃の 天皇家は大王家の一つに過ぎない存在
75: :2017/02/17(金) 23:59:27.92 ID:

というか卑弥呼の前の時代に那国が福岡にあって漢の倭の那国王の金印貰ってるんだから福岡周辺で決定でしょ
88: :2017/02/18(土) 00:33:43.58 ID:

>>75
中国人達が、金印返してくれないかなって本気で議論してる中国のウェイボーには
笑った
その内言い出すかもよ
76: :2017/02/18(土) 00:01:21.60 ID:

任那日本府が存在したことがいよいよ現実味を帯びてきたな
77: :2017/02/18(土) 00:02:29.72 ID:

なぜ国と書かん
78: :2017/02/18(土) 00:03:22.62 ID:

福岡県の桂川町にある王塚古墳周辺あたりに存在したのだと思う。
以外と王塚古墳の直下に卑弥呼の墓があったりしてな。
81: :2017/02/18(土) 00:08:56.90 ID:

>>78
肥後系の装飾古墳文化が博多湾沿岸に根を下ろさず遠賀川流域に勢力を伸ばしているということは
当時の博多湾沿岸には大きな手ごわい勢力があったということでしょう。
王塚古墳の被葬者は博多湾沿岸の国家に戦いを挑み敗れた、もしくはそこへの進出を断念した王でしょう。
この古墳は本当に素晴らしく、この王の治めた国家の文化性の高さをこれでもかと見せつけてきます。
この謎の被葬者、その名も伝わらないこの王には非常に興味をかきたてられます。
79: :2017/02/18(土) 00:03:37.95 ID:

吉野ケ里と邪馬台国は何の関係もないのに、まるで関連してるみたいに宣伝したのは本当に上手かった
工業団地になる所が、あれだけの設備になったのは凄いけど、あの空調絶対に必要な陵墓は維持できるんだろうか
82: :2017/02/18(土) 00:11:08.69 ID:

地殻変動など史学的にどうなのかな
ゴールドジパング諸島とか
奇跡の土玉 埼玉とか、日本を耕すとか
最近、江戸史学とか、リアルを求めて
国際的にも開示が行われてたり
84: :2017/02/18(土) 00:21:54.29 ID:

もはや九州にあったのは確定で問題は九州のどこにあったのかってことだけでしょ
85: :2017/02/18(土) 00:29:27.94 ID:

倭人伝の記載から考えても邪馬台国は福岡県南部の山門地域にあったと
考えていたよ、当時の人たちは方角だけは絶対に間違うはずが無い訳なので
突き詰めていくと魏使は福岡県南部の山門地域に行ったと考えるのが正しい。
86: :2017/02/18(土) 00:30:03.71 ID:

俺の先祖はこの時代に生きてる
90: :2017/02/18(土) 00:34:46.83 ID:

百済の王族なら百済消滅後に長野行ったりしてる
92: :2017/02/18(土) 00:36:54.03 ID:

>>0090
詳しく
95: :2017/02/18(土) 00:40:08.13 ID:

>>92
そんな話はどこにでもあるよ
東京の調布の深大寺には、白銅仏があるけど、この本尊は百済の貨幣を鋳つぶして
つくったのではないかと言われている。
97: :2017/02/18(土) 00:41:29.61 ID:

>>92
仏教伝来の歴史
91: :2017/02/18(土) 00:35:58.76 ID:

中国人の性格を知れば分かるが数字を大きく言う性癖が昔からある。
しかし方角に関しては非常に細かい。この事から邪馬台国が九州地方
福岡県南部にあったのは間違いない。邪馬台国は新井白石も唱えているように
福岡県山門郡(現みやま市)にあった訳だよ。あの地域は古墳の宝庫だが
住民がうるさいから簡単に調査は出来ん。
94: :2017/02/18(土) 00:40:03.26 ID:

邪馬台国四国説が最近元気ないんだよね 何でもいいから掘り当てろよ
96: :2017/02/18(土) 00:40:38.00 ID:

最新の学説だとほぼほぼ北部九州らしい
99: :2017/02/18(土) 00:42:52.81 ID:

九州に邪馬台国があるっていってるのはもれなく関東出身の学者なんだってさw
関東にはないのわかってるから九州だと主張してる
とにかく関西が嫌いなんだろうね
100: :2017/02/18(土) 00:43:17.12 ID:

古墳は九州の倭人が畿内や朝鮮半島を侵略し
原住民を奴隷にしてつくらせた
古墳ブームは奴隷の労働力を使い果たして終わった
105: :2017/02/18(土) 00:46:07.40 ID:

>>100
古墳ブームが終わったのは代わりに大伽藍の寺を建てるようになったからだろ。
111: :2017/02/18(土) 00:52:50.58 ID:

>>100
奴隷じゃなく公共事業として給料を払ってる
今と同じ
102: :2017/02/18(土) 00:43:53.21 ID:

狗奴国が邪馬台国に勝って吸収合併したんだよ

これを記念して九州になったんだ

108: :2017/02/18(土) 00:50:18.85 ID:

邪馬台国は筑後にあったことが確定したな
109: :2017/02/18(土) 00:51:43.48 ID:

初めは九州に有ったがシナ朝鮮の脅威から逃れる為と、本島の真ん中に国を据える
事で日本列島全体を支配する為に東遷した、って事でFA
110: :2017/02/18(土) 00:52:29.13 ID:

邪馬台国と同時期に近畿にあった王朝はどうなったん?
115: :2017/02/18(土) 01:03:12.77 ID:

>>110
邪馬台国と吸収合併じゃないかな。
天皇家の三種の神器って3つの王朝の家宝を持ち寄った物のような気がする。
鏡(邪馬台国)剣(出雲)勾玉(大和)
116: :2017/02/18(土) 01:08:30.16 ID:

邪馬台国はどこでもいいよ。出雲と大和(巻向)の繋がりの方が重要でしょ。
227: :2017/02/18(土) 12:44:55.91 ID:

>>116
それな
物部の動静が大和成立のキーポイント
120: :2017/02/18(土) 01:18:34.93 ID:

北部九州に存在したのは奴国。菜の鼎や那の津などの名称で今でも残っている。
つまり、北部九州には邪馬台国は存在しえません。なんせ、奴国から水行30日陸行1月の場所に存在するのだから。
122: :2017/02/18(土) 01:32:37.28 ID:

>>120
その後に書いてあるいろんな国のことをみれば、
当時の地理感覚をまともに受け入れるのは、どうかなと思う。
121: :2017/02/18(土) 01:19:17.87 ID:

邪馬台国 東久留米説
126: :2017/02/18(土) 01:44:43.96 ID:

邪馬台国はその文字に答えがあって、大和国に読み方が近い。

中国が大和なんて呼び方を認めず、日本を馬鹿にして当て字を付けたんだろ。
中国は当時、周辺国を野蛮人とみなし、酷い当て字で呼んでたからな。

とーぜん、大和の国があったとこだよ。

127: :2017/02/18(土) 01:53:32.47 ID:

>>126
案外、その語源は「山田」と関係したりしてな。
129: :2017/02/18(土) 01:58:33.57 ID:

>>127
つまり、

「 YMD に子音の近い何らかの国号」が先にあり、

それが 邪馬台 で推測される音に転訛し、
その一方で 山田 に近い音に転訛した、と考える。

山田というのは実は古くからある言葉で、
たとえば「山田のそほど」という言葉がある。
久延毘古(くえびこ)つまり案山子(かかし)のことで、
蛇(または龍蛇)の信仰と関係するのだろう。

157: :2017/02/18(土) 07:31:51.05 ID:

>>126
当時の日本に漢字で国名を表示する習慣があったと思ってるのか?
128: :2017/02/18(土) 01:58:23.31 ID:

邪馬台国は畿内説で結論出てるんでしょ
130: :2017/02/18(土) 02:00:10.55 ID:

>>128
まさか
邪馬台国は筑紫島の福岡
208: :2017/02/18(土) 10:52:24.43 ID:

>>120
地形が今と同じなわけ無いだろ
去年陥没した博多駅周辺だけでも調べてみろ
河口の地形とかぜんぜん違う

>>128
公式に認められた論文は無い
ずっとまえから一部の人間が騒ぎ続けているだけだよ

228: :2017/02/18(土) 12:46:34.92 ID:

>>128
結論は出てないけど、ほぼ畿内説

と言うより、邪馬台国の位置なんか古代史の謎の極々一部であまり重要じゃない

231: :2017/02/18(土) 13:50:06.56 ID:

>>228
畿内は無いって纏向研究の第一人者が言ってる

> 48 :名無しさん@1周年 :2016/10/13(木) 02:15:52.43 ID:+Rq52/p50
> 畿内を研究している学者は邪馬台国畿内説の人ばかりかと思っていたが実は違うらしい
> 纏向遺跡の発掘調査に関わって、出土した土器の分析をした学者さんは九州説なんだと
> やっぱり本物の学者は下らないしがらみよりも学問的真実を追求するものなんだな
>
>
> http://www.bell.jp/pancho/k_diary-15/2015_01_18.htm
> >こうして『魏志倭人伝』に記された邪馬台国と魏およびその出先機関である帯方郡との外交関係を概括しただけでも、
> >かなり煩雑に彼我の交流が行われたことが分かる。したがって、纒向遺跡が邪馬台国の王都だったならば、
> >学術的な発掘調査によってそうした交流の証拠品が出土しなければならない。
> >
> > ■ ところが、関川氏は今回の講演で、そうした遺物がほとんど出土していない、と指摘された。
> >その上で、考古学者の立場から「邪馬台国大和説」に対して疑問を呈された。関川氏は纒向遺跡の発掘調査に従事された考古学者である。
> >それどころか、纒向遺跡から出土した土器を調査して、国内各地方からの搬入状況を分析・整理された張本人である。
>
> 中略
>
> >■ 上記に示したように卑弥呼の時代に帯方郡や魏と盛んに交流していたのなら、邪馬台国の女王の都があったとされる纒向遺跡からは、
> >もう少し様々な遺物が出土していておかしくない。それがない以上、、「邪馬台国=大和説」は成り立たないと、関川氏は言われる。
> >邪馬台国は大和ではなく、やはり北九州に存在した国であると考古学的遺物は語っているようだ。
> >
> >■ さらに、関川氏は邪馬台国の位置について興味深い指摘をされた。『魏志倭人伝』によれば、伊都国は帯方郡の使者が往来して、
> >ここに常にとどまる場所とされていて、その場所は福岡県の糸島市付近に比定されている。
> >伊都国と邪馬台国の位置関係は、後の飛鳥時代の難波津と飛鳥との関係に近かったのではないか、と言われる。
> >
> >■ 飛鳥時代、朝鮮半島の百済・新羅・高句麗から使節が来朝した場合、まず難波津に上陸してそれぞれの迎賓館で宿泊し、
> >それから旅装を整えて飛鳥に入った。つまり難波津と飛鳥は一日で行けるような至近距離にある。
> >同様なことが伊都国と邪馬台国にも言えるのではないか・・・と。大和に邪馬台国があったのでは、伊都国から余りに離れすぎている。

233: :2017/02/18(土) 14:17:12.16 ID:

>>231
関川氏の言うとおり、奈良には纏向遺跡の祖型となる遺跡がないのは確かで、
纏向遺跡を作ったのは吉備の勢力+東海の勢力であって、北部九州の勢力でないことだけは確かなんだよ
あとはこれが3世紀の遺跡なのか、4世紀の遺跡かというだけ
131: :2017/02/18(土) 02:05:00.06 ID:

素直に考えれば九州だわな
134: :2017/02/18(土) 02:23:22.61 ID:

邪馬台国=ヤマト国じゃなかったんか
136: :2017/02/18(土) 02:32:35.92 ID:

やっぱり俺も卑弥呼は九州だと思うよ
137: :2017/02/18(土) 02:33:00.97 ID:

>4世代100年説<
継体天皇以降の万世一系を否定する人は稀だろうが その継体の治世が6世紀初めだったことはほぼ確定している
その5代前の応神が15代天皇だから継体と神武はほぼ20世代離れていることになる
(名は神武ではないし日向の族長一族だったかも定かではないが20代前の先祖は存在した)
20世代は500年だから 継体の500年前に行なわれた宮崎から奈良への移住は紀元前後
神武天皇はキリストと同じ時代の人だったことになる(100年単位でズレても弥生時代)
ところで応神天皇だが 継体の5代前なら4世紀末ごろの人となり
その200年(8代)前の7代孝霊天皇は2世紀末の人であり 
その娘の倭迹迹日百襲姫命は卑弥呼と同じ時を生きたと推測できる
箸墓が卑弥呼の墓だと言うのは根拠のない話ではない
156: :2017/02/18(土) 07:28:24.61 ID:

>>137
日向をただ宮崎と取るとあぁこの人は知識が足りない人だなと思われるぞ
神武天皇の出身地は阿多つまり鹿児島だ

日向だから宮崎というのは素人
続日本紀によれば昔の日向国は鹿児島宮崎を含む地域だった
記紀ではともに天皇家と隼人族は同族出身としている
日本書紀では特に阿多(薩摩半島南部)と特定している
ちゃんと調べれば分かることばかり

木花咲耶姫の本名である神阿多都比売
海幸彦の子孫は隼人族の阿多君
神武天皇の妃である阿比良比売は阿多小椅の妹
代々阿多(薩摩半島南部)の人間だらけ

おまけに鹿児島県南さつま市の上加世田遺跡からは久米と墨書された遺物が出土している
これは神武天皇の部下である大久米命との関連を思わせる

よって神武天皇の出身地は鹿児島県の薩摩半島
旧加世田市から旧金峰町にかけてと思われる

ついでに隼人族は大和朝廷に近習として仕え
その名は官職名として後の世まで残っている
だいたい大和朝廷の付けた土蜘蛛という名と隼人という名ではその差歴然

138: :2017/02/18(土) 02:37:35.27 ID:

中国に残っている古い文献は魏志倭人伝だけではない
そもそも魏志倭人伝は三国志の中の一部
倭国とか倭人は九州と九州人のことだ
ちゃんと文献に残っている
139: :2017/02/18(土) 02:42:07.05 ID:

箸墓って卑弥呼の時代とは200年くらい
隔たりがあったのに
いつの間にか、同時代にしてて笑う
145: :2017/02/18(土) 04:08:43.77 ID:

邪馬台国とは言ってない
146: :2017/02/18(土) 04:16:53.98 ID:

天孫降臨や神武東征とか考えたらやっぱり九州説だよな
153: :2017/02/18(土) 05:29:00.57 ID:

奈良のような狭い地域に七万戸の家は無理、広大な筑後平野なら余裕だな。

コメントを残す