【歴史】邪馬台国はどこ?橋本さん「奈良盆地が有力地」

1: :2018/10/11(木) 03:00:37.13 ID:

畿内や九州の遺跡の出土状況、邪馬台国の所在地について意見を交わす(左から)高島さん、橋本さん、白木さん=吉野ヶ里町の吉野ケ里歴史公園

 邪馬台国について考えるフォーラムが7日、吉野ヶ里町の吉野ケ里歴史公園で開かれた。近年の考古学研究成果を基に有力候補地について意見を交わした。

 福岡県久留米市文化財保護課長補佐の白木守さん、奈良県桜井市教委文化財課長の橋本輝彦さん、佐賀女子短大名誉教授の高島忠平さんが講演した。九州説では墳墓や山城、集落などを、近畿説では弥生土器の編年と古墳の規模・形状などを根拠とすることを説明。決め手となる文字史料が見つかっていない点も言及した。

 中国の歴史書、魏志倭人伝に記された邪馬台国の集落について「環濠(かんごう)集落を思わせるが(卑弥呼の時代に)九州では増えるが、近畿では無くなる」と高島さん。白木さんが「卑弥呼の居住地であれば環濠はあってしかるべき」とする一方で、橋本さんは「同一様式の土器が大量に使われ、一つの水系に位置する点で奈良盆地が有力地」と答えた。

 フォーラムは同公園管理センターと県立博物館が、開催中の特別企画展「よみがえる邪馬台国 倭人伝の道6」(11月11日まで)に合わせて開き、約130人が聴講した。

佐賀新聞 2018/10/10 09:26
https://www.saga-s.co.jp/articles/-/286932

【歴史】日本国はいつ誕生したのか 天皇制につながる卑弥呼の統治 学研究所長に聞く★2

【歴史】吉田松陰は偶像化しやすい?日本赤軍や二・二六事件の将校も崇敬(AERA)

【歴史】第2代綏靖天皇陵を研究者に初公開

【歴史】四天王寺大所蔵の漢詩、空海直筆から取った拓本か 3カ所に「筆の誤り」も

 

45: :2018/10/11(木) 04:48:31.18 ID:

>>1を読んでて思ったんだけどさ、土器とか古墳とかは邪馬台国の証拠になるの?壺やでかい墓があったら産業や強い豪族がいた事は想定できるけどあくまでそこまで、って理解でいいの?

316: :2018/10/11(木) 10:43:53.25 ID:

>>1
邪馬台を当時の大陸読みするとヤマト(ド)になるらしいから、そういうことじゃないの。

318: :2018/10/11(木) 10:47:02.79 ID:

>>316
当時の読み方はヤマイッと読みます。
ヤマドと読むのは現代中国南部の一部の方言です。

425: :2018/10/11(木) 12:54:55.67 ID:

>>1 邪馬台国自体、存在が怪しい、朝鮮人の創作の可能性が高い
朝鮮に書物が残ってるのに日本には伝承も遺跡も残ってない

430: :2018/10/11(木) 12:56:47.51 ID:

>>425
書物って?

484: :2018/10/11(木) 13:23:03.29 ID:

>>1
当時はまだ大和盆地は未開発
漸く巻向の開発が始まった段階で、邪馬台国ってのはそこに遷都されるまでの旧首都なんだよ
どこが旧首都で邪馬台国だったのかは、巻向に流入してきた土器の元を辿れば解る

691: :2018/10/11(木) 16:56:08.49 ID:

>>484
>当時はまだ大和盆地は未開発

はい、これがウソ
弥生時代初期から、奈良盆地には集落遺跡があるし唐子鍵遺跡は弥生時代のほぼ全時代を通じて
拠点集落として繁栄している

>漸く巻向の開発が始まった段階で、邪馬台国ってのはそこに遷都されるまでの旧首都なんだよ

纏向は、それまでの奈良盆地内の権力ではない、「倭国の広い範囲の首長によって共立」された卑弥呼の
都として新しく作られた祭祀都市

>どこが旧首都で邪馬台国だったのかは、巻向に流入してきた土器の元を辿れば解る

そして、纏向遺跡の建設が始まったのが3世紀初頭で卑弥呼の共立の直後という編年が
推定されている
卑弥呼の共立によって作られた新しい都が纏向遺跡であり、そこが女王の都する
ところ邪馬台国=ヤマト国で何の矛盾もない

698: :2018/10/11(木) 17:05:02.84 ID:

>>691←こういう情弱が想像説で対抗するのが畿内説支持者の典型。

739: :2018/10/11(木) 17:33:13.18 ID:

>>698
>こういう情弱が想像説で対抗するのが畿内説支持者の典型。

といいながら、どこがどう情弱で想像に過ぎないのか、
「具体的に指摘」することが一切できずに、罵って逃げることしかできないのが
九州説の典型

奈良盆地中央に弥生時代の初めから集落遺跡があるというソース
「大和弥生社会の展開とその特質(再論)」寺澤薫(2016)
http://www.makimukugaku.jp/pdf/kiyou-4.pdf

742: :2018/10/11(木) 17:37:30.52 ID:

>>739
人は住んでいたかもしれないがその規模は>>735で察しろ

750: :2018/10/11(木) 17:43:52.16 ID:

>>742
そりゃあ弥生時代の遺跡がそのまま残っているってとこは現代まで開発されていなかった所なんだから当たり前だ
古くから開発されてきたところは遺跡は壊されるから少ない
南米の遺跡なんぞが残っているのはそこが捨てられた人の住めないところだからだろ
そんなのなんの根拠にもならんわ

760: :2018/10/11(木) 17:51:30.54 ID:

>>750
奈良は災害が少ない上に未だに田舎のままなんだから、もっと残っていてもおかしくない土地なんだよ。
だから辛うじて弥生時代にあたる纒向遺跡に必死でしがみついてるんだよ。
その必死さについては地元住民から聞かされた事もある。
地元でも捏造を疑ってるほどだ。

920: :2018/10/11(木) 21:46:02.85 ID:

>>484
大和には縄文時代の遺跡がいっぱい出てるけど。
無知晒すこいつは素人確定。

558: :2018/10/11(木) 14:42:20.92 ID:

>>1
考古学者は、政治・経済・軍事・言語学・遺伝学を理解しないから、
いつも頓珍漢なことを言う。

列島の覇権を握ったのは、最後に列島に渡来した日本語話者集団。
東亜の最後の遺伝子変化は、北方系の遺伝子の半島~九州への
流入。その過程で日本語が出来た。
日本語話者(元祖倭人)が九州に渡ってきて、大陸との交易を独占、
列島~半島南部の覇権を握る。 BC2-3C の弥生後期だ。

小国分立の状況では、山に囲まれた天然の要害=盆地がマウントを
取るので、おそらく、飯塚~田川?の盆地勢力が、権力を握り、
やまと(=山戸)と名乗った。(後の「邪馬台国」である。)

この覇権により、徐々に列島内に日本語が広まっていく。
ただし列島内の北方系遺伝子は、九州(とその周辺)に限られるので、
日本語は、集団の移動によらず、「国際語」として広まったとわかる。

政治的に見ても、東亜の朝貢秩序の中で、小国分立の列島において、
朝貢を独占的に握れるのは、九州北部を置いて他にない。地政学だ。

しかし、後に半島の新羅・百済の台頭があり、それぞれと通じ交易した
出雲・奈良が台頭してくる。その結果、徐々に邪馬台国が衰える。
このパワーバランスの変化が、3世紀頭の倭国大乱へと繋がる。
3世紀の卑弥呼(ヒメコ・日女子=太陽の娘)を頂く邪馬台(やまと)は、
倭国大乱で覇権を失い、名目だけの倭国盟主に落ちた末期の姿だ。

この大乱で、奈良が出雲を亡ぼし、事実上、列島の覇権を握った。
3世紀末、華北が混乱し朝貢秩序が崩れ、邪馬台(やまと)の命運尽きる。
奈良が、邪馬台(やまと)を亡ぼし、倭国盟主の名「やまと」を奪う!

倭国を統一したことを示す為、やまとに「大倭」の字を宛て、
さらに、対内的・対外的、両方の政治的考察から、「大和」に改字。

844: :2018/10/11(木) 20:19:56.91 ID:

>>1を読んで畿内説は気付けよ。

>橋本さんは「同一様式の土器が大量に使われ、一つの水系に位置する点で奈良盆地が有力地」と答えた。

中国史に残る記録を一切ガン無視した上で有力地だと言い張る厚顔無恥w

これ大和政権の勢力範囲を唱えてるつもりなのかな?w

あまりに的外れで討論にすら発展せずw

854: :2018/10/11(木) 20:40:49.28 ID:

>>844
>これ大和政権の勢力範囲を唱えてるつもりなのかな?w

弥生時代後期に入ると同時に、「大和+河内~環大阪湾の範囲」の土器様式が、
畿内第V様式土器で統一される
それまでの地場の土器が使われなくなることから見て、上からの政治的統合があったと考えられる

これを雛形として、古墳時代に入る時期に、庄内式土器、布留式土器の2段階で
倭国の主要な地域の土器様式が畿内様式土器で統一される
このときにも、それまでの地場の土器が使われなくなっており、政治的な統合が背景に想定される

この畿内様式土器を使う地域は、そのまま古墳時代草創期から最初期に前方後円墳(纏向型を含む)を
作り始める地域であり、これがそのまま倭国の範囲と考えられる

そして、その統合の中心は明らかに畿内にあり、その時代の大陸史書の記録に
邪馬台国=ヤマト国と書かれている以上、特にむつかしいことを考えなくても
邪馬台国は畿内であるのはよほどの偏屈でもなければ素直に理解できること

867: :2018/10/11(木) 20:50:40.90 ID:

>>854
  >それまでの地場の土器が使われなくなることから見て、上からの政治的統合があったと考えられる

 何これwww 考古学研究者ってこんな変なことばかり考えているのかw 土器の様式が統一されたのは、単に「量産化」が可能になって同じ形式にした
方が「積み重ねて運ぶのに楽」だからだろ。何でこういう妄想ばかりなんだ。

878: :2018/10/11(木) 20:58:40.95 ID:

>>854
だからさ、政治的統合だとかいう話は関係ないだろ?
倭人伝に庄内式土器と思われる記述があるとかなら話題に出しても構わないが。
隋書では、倭国→?国と異体字に変えて表現している意味、そして邪靡堆という新しい都について魏志のいうところの邪馬壹と、国名自体そのものを変えて表現している意味を無視してるだろ?
漢字王国の書いた史書を読むにあたって絶対に無視してはいけない箇所だぞ。
旧唐書の通り、日本国は別国なんだよ。
しかもヤマトと読める国名はどの史書にも記載されていない。
よって九州に邪馬台国が存在した時代に畿内でもそれなりの国が存在したという所で終わってしまう話。
鉄の矢じりでも出ていれば倭国の一部と名乗り出ても構わない。
どうよ?

943: :2018/10/11(木) 22:05:32.55 ID:

>>878
>倭人伝に庄内式土器と思われる記述があるとかなら話題に出しても構わないが。

物理的に存在する考古遺物から分かることから、ひたすら逃げ回ってるねww
倭人伝に書いてあるのは、共立された宗教的権威としての倭王卑弥呼の存在

そして、倭国の領域の盟主=倭王の存在が想定できるのが、畿内であるってこと

庄内式、布留式土器は、精製器種3種(壺、平鉢、高坏)という祭祀用供献土器を含む
畿内様式土器が浸透し地場の土器がなくなるというのは、畿内の祭祀を受け入れたことを意味する

畿内に宗教指導者=卑彌呼がいたことが土器からも裏付けられるんだよ

951: :2018/10/11(木) 22:11:23.46 ID:

>>943
卑弥呼が九州の王でも、ヤマトの王でもどちらでもよいが
考古学的事実から目を背けちゃ駄目なんだよな
自説に都合良く利用したり、解釈するのもの駄目だ
宗教学者で似非歴史学者の某は、すべてにおいて目を背けちゃったからな
だから考古学的成果とはまるで合致しないとんでもない説になってしまった
それを現代においても盲信して、その説に合うように都合良く解釈し、利用
しちゃってるド素人歴史愛好家集団がいるんだよなあ
そういうのが歴史的事実の追求を妨げちゃってる

909: :2018/10/11(木) 21:35:56.44 ID:

>>844
中国史に残る記録を一切ガン無視とは?

873: :2018/10/11(木) 20:53:07.38 ID:

だからさ、いつもいうとるが倭国大乱とか弥生時代になってから続々出土する
凄惨な戦死者の遺体や、あるいは>>1にあるような武装環濠集落の発生は
これはもうなにかといえば、縄文日本人と偉大なる大韓からやってきた武装渡来人との間の
縄文弥生戦争のことにきまってんじゃねえかwww

で、あるならばその最前線である九州に環濠集落が多々あるのも理の当然
まあウリは邪馬台国は畿内にあったと思ってるけどなwww

2: :2018/10/11(木) 03:02:25.41 ID:

奈良でしょ

8: :2018/10/11(木) 03:11:05.13 ID:

>>2
説は色々ある
愛知の豊川市には地元住民すら知らないような卑弥呼の墓がひっそりと存在する

138: :2018/10/11(木) 07:07:04.07 ID:

>>8

卑弥呼の後を継いで女王のトヨは
トヨの国、すなわち豊川出身という説がある。

165: :2018/10/11(木) 07:54:00.57 ID:

>>138
そんなこと言いだしたら、豊橋でも豊田でもどこでもいいじゃんか

341: :2018/10/11(木) 11:21:24.08 ID:

>>165
豊田にはないけど、豊川よりの豊橋には卑弥呼に纏わる神社の何とかラインとか色々ある

380: :2018/10/11(木) 12:20:12.26 ID:

>>138
豊前・豊後もトヨの国ですよ

586: :2018/10/11(木) 15:12:11.16 ID:

>>138
知っとると思うけど、豊川市の前身は「宝飯(ほい)郡」と「八名(やな)郡」だに。

239: :2018/10/11(木) 08:53:09.86 ID:

>>8
キリストの墓や徐福の墓みたいなもん?

336: :2018/10/11(木) 11:16:51.32 ID:

>>239
これが不思議な事に地元の住民も知ってる人は全然いないし、ネットにも情報が載っていない
ただ、付近に神社が多数あり、卑弥呼話はひっそりとネットにも載っている
墓には卑弥呼と彫ってあって、凄い古い
寺の隣の墓地の片隅にあるんだけど、近くには不自然な古墳らしき物があって、上に鳥居が建ってる
古墳らしき物は山沿いの道にそってて、途中で二股に別れたと思ったら片方は道で片方は古墳らしき物を登って下りるだけ。全長10mぐらいで違和感しかない

604: :2018/10/11(木) 15:24:26.41 ID:

>>336
田舎は他所者や新参者には教えてくれんよ。特に訳ありの集落は排他的だでな。

248: :2018/10/11(木) 08:59:33.11 ID:

>>8
豊川市には徐福伝説があるらしいな。

3: :2018/10/11(木) 03:02:51.42 ID:

ジャップがドングリ食って洞穴住んで卑弥呼で占い(笑)してた土人の時代に中国様は三國志の時代でした。

おわり。

185: :2018/10/11(木) 08:07:02.71 ID:

>>3
そのレベルのままで第二次世界大戦を迎えちゃったんだけどね中国

220: :2018/10/11(木) 08:39:40.76 ID:

>>3
邪馬台国は魏の洛陽まで使者を派遣してる。
当時で大したものだと思うぞ。

399: :2018/10/11(木) 12:42:07.10 ID:

>>3
ありがとうこざいます!中国様!
この後の中華秩序崩壊400年間で倭国は成長できました!

764: :2018/10/11(木) 17:53:25.09 ID:

>>3
それでお前はこの時代でニートかよ

4: :2018/10/11(木) 03:03:07.17 ID:

邪馬台国が分かってどうなるの?
何千年前だかの今年って観光地化するだけだろ

75: :2018/10/11(木) 05:36:06.17 ID:

>>4
その点は大丈夫。邪馬台国は約30国くらいの、連合国家なんで見つからない仕組みになってるの

仮に日本に47都道府県連合国家に例えると後世の人達が。どこに日本が合ったんだと言ってるに等しい論争なんよ

77: :2018/10/11(木) 05:38:12.96 ID:

>>75
九州は熊襲VS邪馬台国だったのかな

225: :2018/10/11(木) 08:42:10.20 ID:

>>4
近畿だったら天皇家との繋がりの可能性が濃くなる。

649: :2018/10/11(木) 16:13:57.76 ID:

>>4
終わらない議論をしてるのが楽しいんだろ
飯も食えるし

6: :2018/10/11(木) 03:04:31.62 ID:

文字も建物も残らない原住民の町なんて、どこでもいいじゃないか。

7: :2018/10/11(木) 03:05:41.64 ID:

邪馬台国は魏志倭人伝にしか登場しない
よって畿内説はありえない

917: :2018/10/11(木) 21:45:35.38 ID:

>>7
九州にあった卑弥呼の邪馬台国を滅ぼした(傘下に治めた)のが海を渡ってきた神武天皇という説が一番しっくりくる

9: :2018/10/11(木) 03:11:05.55 ID:

奈良県民だけど九州で良いよ
古墳ばっかりいらん

10: :2018/10/11(木) 03:11:23.88 ID:

もう四国あたりで手を打てよ

11: :2018/10/11(木) 03:12:32.60 ID:

朝鮮半島から来れば、2回海を渡るだけで後は陸路だろうに。なぜ何回も海路で
渡るかねぇ??

17: :2018/10/11(木) 03:19:02.16 ID:

>>11
歩くより馬で更には船で最後は飛行機で行く方が楽じゃん
人は楽な方法を選ぶ

19: :2018/10/11(木) 03:20:31.14 ID:

>>11
変態のローマ帝国以外、古代においては海のほうが早いんよ

高速道路の代わりが海なんだ

241: :2018/10/11(木) 08:53:47.74 ID:

>>11
道が整備されてない。

862: :2018/10/11(木) 20:47:53.87 ID:

>>11
参勤交代ですら海路だぜ

13: :2018/10/11(木) 03:13:46.47 ID:

韓国のカレンダーで、福建省の南、犬悪の北岸7000マイル以上

馬の国には大きな公式の狛犬

南東の土地は伊豆まで500マイル離れています

南から悪い馬の国、女王の場所、10日間の水道、そして1月の土地線。役人は閻魔、第二の詩美馬

14: :2018/10/11(木) 03:16:02.12 ID:

お前ら残念w
実は沖縄でしたwww

15: :2018/10/11(木) 03:16:05.25 ID:

もうそれぞれでええやん
今更違いますって言われてもな

16: :2018/10/11(木) 03:18:58.50 ID:

>>15
京大の内藤が魏国が航路間違えて西に行ったという説に
東大の先生方はびっくり仰天したんやで

18: :2018/10/11(木) 03:20:30.72 ID:

福建省から数えたらいいとか

20: :2018/10/11(木) 03:23:07.77 ID:

なんだかんだいっても昔から沖縄を通って福建省に行ってたというオチか

21: :2018/10/11(木) 03:25:38.93 ID:

奈良にあった方がロマンあるわ
佐賀なんてアニメにされるくらい何もないとこ

229: :2018/10/11(木) 08:45:00.55 ID:

>>21
ワラスボがある!

332: :2018/10/11(木) 11:05:49.11 ID:

>>21
出雲大社が一言…

522: :2018/10/11(木) 13:50:07.61 ID:

>>21
ロマンシング佐賀やぞ

719: :2018/10/11(木) 17:17:53.25 ID:

>>21
今期も佐賀をいじったゾンビランドサガがあるぞ

22: :2018/10/11(木) 03:29:13.85 ID:

一月の土地線なら子午線の事だから
明石市とかになるのか

23: :2018/10/11(木) 03:32:45.81 ID:

魏国から伊都国への使いの船は4隻出した
1隻でも残ってほしいとの思い

24: :2018/10/11(木) 03:38:30.96 ID:

邪馬台 やまと

941: :2018/10/11(木) 22:04:59.03 ID:

>>24
これですべて
突然歴史を無視して栄える国はない

25: :2018/10/11(木) 03:39:04.06 ID:

卑弥呼は呉にも使者を派遣してるんだよね

日食が見えたのは北部九州なんでしょ

26: :2018/10/11(木) 03:41:31.63 ID:

>>25
卑弥呼の時代に日食があったのは北部九州だけらしい
英語が苦手なので堪能の方はNASAで確認してほしい
今は過去に遡って調べられる

27: :2018/10/11(木) 03:43:17.20 ID:

福建省から海岸沿いを北に行って南北の国に行って、南北の国には家が幾つもある
南東の国が日本で
日本には大きな狛犬をまつる国がある
王はみな女王で
官僚がいて、馬や鹿の道がある、女王の国には水行で
悪い馬の国から馬の国に行き南東の国(日本)は伊豆大島まで○○離れています
子午線が女王のいる大和国
そこには閻魔という人がいた

28: :2018/10/11(木) 03:54:50.08 ID:

卑弥呼の邪馬台国は九州にあった
卑弥呼が亡くなった後の邪馬台国は畿内に移った
これが正解

30: :2018/10/11(木) 04:02:07.77 ID:

卑弥呼は皆既日食ってあたりが暗くなったから
殺されたか死んだ。卑弥呼は太陽の神とも言われていた
天照大神は卑弥呼の可能性という説もある。

それは良いとしてあの三世紀かなにかの終わりに、日本で日食が見れる地域は限られていた。

どこかというと九州北部

31: :2018/10/11(木) 04:10:17.61 ID:

>>30
さっきも書いたがNASAで調べられる
英語が堪能な人なら簡単
俺は英語苦手

259: :2018/10/11(木) 09:27:31.21 ID:

39: :2018/10/11(木) 04:37:32.04 ID:

>>30>>31
21世紀にもなって日食がどうたら言ってるやつがいまだにいるのかwww
考古学が進歩しているのに妄想全開の古代史エンタメ小説の出番などない

227: :2018/10/11(木) 08:42:33.39 ID:

>>39
邪馬台国は歴史学の課題。捏造すはこじつけるが日常の考古学に出番なし

32: :2018/10/11(木) 04:19:00.78 ID:

倭国としては57年に一度金印を授かっている
この時は北部九州が中心だったのは間違いない
そこから100年近くたって倭国大乱があるがこの実態の解明が邪馬台国論争にも影響する
自分の妄想としてはこの戦乱を機に安定を求めて東に移った勢力がいて、九州が戦乱で混乱している間に一気に最有力になったのが邪馬台国ではないかと思ってる

33: :2018/10/11(木) 04:24:09.81 ID:

邪馬台国自体魏志倭人伝の言う場所から四国剣山
その住民自体遊牧民と同じ居住集落のアイヌ人達でアイヌ特有の祈祷卑弥呼がいたわけで
遊牧民の居住集落跡探し出したところで他に常に移動しているのだか確定地など見つかるはずがない

34: :2018/10/11(木) 04:29:17.67 ID:

例えば応仁の乱では京都が戦乱で没落し、地方に多数の小京都が出来上がってる
北部九州から東へが倭国大乱時代の流れだったはす

35: :2018/10/11(木) 04:30:55.52 ID:

一言で言って山岳信仰のあった邪馬台国の住民がまず平地などに住むはずがない
しかも遊牧民
集落痕跡を残さず他へ移動するのだから邪馬台国の痕跡など見つかるはずもない

36: :2018/10/11(木) 04:31:30.34 ID:

普通に考えれば解るはず
航路間違え角度変えて西に曲がるか?
ふざけるな

37: :2018/10/11(木) 04:31:39.07 ID:

邪馬台は「やまと」なんだから そりゃ畿内ですわ

魏志倭人伝にも邪馬台国の場所は明確に書いてある
水行十日陸行一月みたいに
これは九州におさまらない
これは魏志倭人伝に書いた通りの方角だと海の上になるが
この方角の記述が間違いだとしたら畿内で問題ない
魏志倭人伝以降の日本地図でも魏志倭人伝と同じように方角が間違った地図は存在するし
魏志倭人伝の方角の記述が間違っていた可能性も高い

48: :2018/10/11(木) 04:55:21.82 ID:

>>37
収まりすぎるわ
ろくに道もない草も木も生え放題な時代
陸行一月なら100キロ程で限界やろ
陸行後の水行で使った船もその場で作ったおんぼろ船だった筈
そんな船で20日程度なら川をさか上るか有明海横断が手一杯や

950: :2018/10/11(木) 22:10:50.60 ID:

>>48
この視点も大事

203: :2018/10/11(木) 08:24:12.90 ID:

>>37
「やまと」は元々は北部九州のことだ。

38: :2018/10/11(木) 04:36:41.17 ID:

あんまり詳しくないんだけど、九州→畿内ってのは駄目なのかね?
一箇所に留まってるんじゃなくて、追われるように移転したって考えた方が自然な気もするんだけど。

41: :2018/10/11(木) 04:38:56.94 ID:

>>38
九州から畿内は神武天皇の時代
樫原神宮のサイトにも神武天皇が九州から
東遷した事実が書いてある

40: :2018/10/11(木) 04:38:29.57 ID:

往々にして
えっ、そこにあったの?
って所にあったりするんだよな
四国あたりにありそうだな

42: :2018/10/11(木) 04:43:54.69 ID:

文献が適当だから争っちゃう訳で原因の中国が悪いで良いだろ!

43: :2018/10/11(木) 04:46:26.39 ID:

7世紀の白村江で負けた時の近畿は奈良から大阪まで干拓灌漑した大土木工事を終えた地域だから
九州勢が逃げ込めても偉そうにできる場所じゃない

211: :2018/10/11(木) 08:30:48.40 ID:

>>43
白村江の後に壬申の乱があり、その後に大化の改新があった
『二中歴』『海東諸国記』やか復元された九州年号(倭国年号)では大化元年は695年なんだ。

47: :2018/10/11(木) 04:51:32.28 ID:

そもそも最古の前方後円墳が奈良の時点で奈良でしょ

50: :2018/10/11(木) 04:57:10.19 ID:

>>47
邪馬台国の時代に前方後円墳などない

85: :2018/10/11(木) 05:51:53.22 ID:

>>50
卑弥呼の死は247~8年

箸墓古墳は250年頃

ちなみに日本最古の前方後円墳は奈良県橿原市の瀬田遺跡で2世紀終わり頃

113: :2018/10/11(木) 06:42:30.94 ID:

>>47
魏志倭人伝ベースで卑弥呼という女王が居たのを信じるなら
卑弥呼の墓は径だけで表されているから円墳
奈良は別勢力か複合勢力

553: :2018/10/11(木) 14:35:42.01 ID:

>>47
卑弥呼の墓は円墳だったはず

49: :2018/10/11(木) 04:56:06.34 ID:

邪馬台と大和はヘブライ語では全く意味が違うからしかも地名で全く違う

53: :2018/10/11(木) 05:00:29.07 ID:

考古学者の飯の種。
本当は分かっているが言えません。
言ったら明日のご飯が食べられなくなってしまいます。

55: :2018/10/11(木) 05:11:53.11 ID:

>>53
某資料館では考古学者は泥棒と言ってたよ
貸した物を返してくれないって

54: :2018/10/11(木) 05:06:24.27 ID:

久々知彦の記述が全て。
邪馬台国は山門で間違いない。

56: :2018/10/11(木) 05:14:08.98 ID:

ロマンシング佐賀の方が素敵やん(´・ω・`)

57: :2018/10/11(木) 05:15:34.12 ID:

九州説の人は九州で邪馬台国を探すのはいいけど、
この図の網掛け部分と纒向型前方後円墳が分布してるところは除いておいてね
そこは初期ヤマト政権傘下の国々があったところだから、九州説を前提とした邪馬台国はない

394: :2018/10/11(木) 12:38:30.59 ID:

>>57
近畿系土器が西日本各地に点在してるのは、

近畿の輸出品が土器くらいしかなかったってことだろ

だって近畿には土器しかないんだからね

鉄器はおろか銅製品すらろくにないのが近畿

近畿には鉄のクワすらなく、木のクワを使い
土器を売って米を買っていたわけさ

410: :2018/10/11(木) 12:47:20.36 ID:

>>394
そうやって開き直ってヤマト政権の存在まで否定してしまうと、議論の噛み合う余地がなくなる

414: :2018/10/11(木) 12:48:45.23 ID:

>>410
三世紀の話な

大和王権は4世紀以後だろ

424: :2018/10/11(木) 12:54:44.28 ID:

>>414
教科書に書かれている用語でのヤマト政権は3世紀中頃から後半
3世紀前半には初期ヤマト政権というような政治連合ができている
それを示すものが纒向遺跡であり、纒向型前方後円墳であり、畿内系土器の拡散
畿内系土器には祭祀用土器も含み、北部九州では受け入れている

432: :2018/10/11(木) 12:57:49.17 ID:

>>424
本庶佑氏「世の中のことは嘘が多い。教科書が全て正しかったら、科学の進歩はない。」

433: :2018/10/11(木) 12:58:09.59 ID:

>>424
なるほど

ただ卑弥呼の即位は180年ごろだからな

やっぱり邪馬台国の年代とはずれがあるよどっちみち

436: :2018/10/11(木) 12:59:33.01 ID:

>>433
卑弥呼の即位の年は何を元にした話?

439: :2018/10/11(木) 13:00:13.71 ID:

>>436
倭人伝

444: :2018/10/11(木) 13:05:10.32 ID:

>>433
即位年までは書かれていない
倭国大乱の後、いつかは明記されてないが女王になったとあるだけ
ちなみに纒向が造られたのは2世紀末

58: :2018/10/11(木) 05:16:53.76 ID:

闇の壱与伝説おもしろかったな(´・ω・`)

59: :2018/10/11(木) 05:18:35.28 ID:

俺の仮説

なぜ、日本にはカササギが一部の地域に居るのか。

邪馬台国 はカササギが留鳥として留まる地にある。

カササギは現在まで生きた邪馬台国の物証である。

62: :2018/10/11(木) 05:20:23.86 ID:

>>59
カササギは欧州にもいるよ
最近は北部九州だけでなく北海道でも観測されている

64: :2018/10/11(木) 05:24:55.15 ID:

>>62

カササギ

日本での留鳥は一部の地域に限られる
本州では迷鳥だな

68: :2018/10/11(木) 05:28:58.67 ID:

>>64
泣き声がうるさい
飛ぶ姿は美しいんだがね

347: :2018/10/11(木) 11:25:59.47 ID:

>>59カササギは新羅から聖徳太子が輸入した。ソースは森ノ宮神社

2件のコメント


  1. 卑弥呼の墓は一辺の大きさが400mほどと言われている
    その大きさに合致する古墳は日本に唯一

    返信

  2. 私はマンガばかり読むので、わかるのですが、
    マンガに出てくる邪馬台国って九州が多い印象。
    多分、あの漫画の影響だと思う。

    九州説支持する人は、マンガが娯楽の中で大きなウエイトを
    占めていた世代が多いんじゃないかな。

    私は奈良を推しますが、九州でも不思議じゃないような…。
    決定的なものが出てきたらいいんですけど。

    時事的に話すと、魏志倭人伝に出てくる邪馬台国って大坂民国みたいなものかも(笑)
    邪馬台国などなく、普通に大和または山戸(門)だったんじゃないでしょうか。
    行ったこともないのに、偏見と噂だけでお話をつくったみたいに。
    (当たっているところもあるんですけどね)

    返信

コメントを残す